先天性障害リスク軽減

赤ちゃん葉酸を摂取した方が良い理由として、あまり知られていないのが先天性障害のリスクを軽減してくれる点にあります。葉酸は母親の血液を健康にしてくれて、赤ちゃんの血液も健康にしてくれます。そのため、必要な栄養素をしっかり血液が運搬し、酸素などもしっかり運搬してくれます。そうなると、母親はもちろん赤ちゃんも健康を保つことができるのです。

それは先天性障害のリスクを大きく低下させてくれるのです。逆に言えば、葉酸を摂取せずに不健康な生活を続けていると、妊娠中は特に危険なことも多くなります。もちろん、障害があるからと言って、自分の赤ちゃんであることは間違いないでしょう。しかし、障害を抱えてしまうと、生まれてからの負担がかなり大きくなってしまうのも事実です。

先天性の障害に関しては母親の影響が大きいので、健康な赤ちゃんを産みたい場合は葉酸の他、必要な栄養素をしっかり摂取するようにしてください。葉酸サプリなども出ているので、近年は摂取すること自体は難しくありません。そこは重要だと考え、よりサプリなども活用していきましょう。なお、先天性の障害に関しては予測できないこともあるので、医師と相談しながら方針を決めていくというのも重要です。